可不可記
大阪市改革問題強化中。阪神タイガース。社会問題など。お笑いもたまに。
200508<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200510
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恐るべき広島市民球場
9月24日広島3連戦2戦目。
先発は前回緊急登板を見事にこなした能見と、
いい球は持っているがまだそれを活かしきれていない広島・大竹。
両投手ともまずまず順調な序盤。ランナーは出すが得点までは許さないが、
4回裏、試合が動いた。
広島・新井が、能見のやや甘く入った球をライトスタンドへ放り込む。
さすが我らが金本とホームラン王を争っているだけのことはある。
しかし5回表、今度は矢野が、大竹の投じたスライダーをポンと打ち上げると
するするとレフトスタンドへ。
ホームランになるような当たりだったかなあ、と思う間もなく、
続く藤本がライトへ打ち上げた。ポップフライが多い藤本だが、
最近フライアウトでも強い当たりになってきたなあ、なんてこと考えていると、
打球はそのままスタンドへ。藤本まさかの今季初ホームラン!
広島球場の狭さは今更言うまでもないが、恐るべし広島球場。
新井のホームランがホームグラウンドの狭さに助けられたものだとは言わないが、
甲子園の広さと浜風と戦う金本兄貴のホームラン数を少々水増ししたくなった。

試合の方は、藤本のライトフライ・ホームランで勝ち越された大竹が
もうそれだけで固くなり、6回先頭片岡を四球で歩かせると、
続く金本の打席でボーク、金本は三振に取るが今岡に四球、
桧山に左中間タイムリーツーベース、さらに矢野の手首にぶつけてしまう。
幸い大事には至らなかったようだが、矢野に威嚇されると、
びびった大竹はもうストライクが入らず藤本に押し出し四球を与えて完全に自滅した。

能見がよく投げていたこともあってか、今日は7回からJFKといかず続投。
点差もあったし、能見の完投能力を試してみたかったのか。
しかし8回、やはり疲れが出たのか2失点し、新井を迎えたところで
藤川にスイッチ。9回は久保田。

完投は逃したものの、能見は前回に続いてよく投げた。
来季のローテーションはもちろん、日本シリーズでの先発あるいは
ロングリリーフとしての活躍を予感させてくれた。


スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。