可不可記
大阪市改革問題強化中。阪神タイガース。社会問題など。お笑いもたまに。
200508<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200510
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
優勝決定!!!


優勝決定!!!!


やったーーーー!!!!!


阪神タイガースばんざーーーい!!!!!!

スポンサーサイト
前夜祭
9月28日対巨人戦。先発は井川vs高橋尚。
1回、赤星3塁打、鳥谷タイムリーであっという間に先制点を奪うと、
怪我から復帰したシーツ・金本も続き、今岡がタイムリー、
スペンサー四球、矢野犠牲フライ、井川タイムリー、赤星タイムリーと
怒濤の猛攻撃で6点を奪い、長崎に続いて尚成を攻略、すっかり優勝前夜祭気分だった。
しかし、2回表、阿部にセンター前ヒットを打たれた瞬間、我に返った。
…今日は井川だった。とたんに不安になった。
またやらかすんじゃなかろうか。
そう思った時には仁志に2ランを打たれていた。

お祭りムードをあっさり吹き飛ばされ、高橋尚が立ち直ったのか阪神打線が気勢をそがれたのか、
2回3回と打線は抑えられる。
井川はシーツが強い当たりを捕り併殺、金本がフェンスぎりぎりの大飛球を好捕と、なんとかこらえていたが、
4回表、村田に2点タイムリーを打たれ、2点差まで詰め寄られる。
もうこうなれば井川がどうこうでなく、とにかく何とか5回を乗り切ってくれと祈るばかり。
5回を乗り切りさえすれば、阪神は勝つことができるのだ。
ベンチも同じ気持ちだったはず。5回裏にためらいなく井川へ代打を出し、
6回から橋本投入。橋本は好調だった時のチェンジアップが戻ってきた。
日本シリーズでも活躍してくれるだろう。
あとはJFKに繋ぐだけ。失点が続いていた藤川も今日はほぼ完璧だった。

序盤に大量援護点をもらった井川がピリッとせず、それでも救援が流れを断ち切り、
井川に勝ちがつく。これもまた、今季を象徴的に表す試合だった。

中日がちゃんと負けてくれて、マジック1。
明日甲子園で胴上げをする準備は整った。
ヒーローインタビューの今岡は、もうすでに感極まっているようだった。
半泣きの藤川は「涙の準備はできています」と言った。
我々ファンの準備も、もちろんできている。

さあ明日だ!



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。