可不可記
大阪市改革問題強化中。阪神タイガース。社会問題など。お笑いもたまに。
200509<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200511
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
井川慶におくる言葉
情けないことに、日本シリーズの敗戦からまだ立ち直れないでいる。
阪神ファンとなってから、つらいこと哀しいことは幾度も経験してきたが、
これだけショックで、信じられない、信じたくないという思いは初めてだ。
この痛手がもう少し癒えたら、振り返ることもできるだろう。

今はただ、シーズンが終わって、次のことだけ考えていたい。
井川の去就について岡田監督が今メジャーへ移籍しても活躍できないだろうと言ったとか。
発言の真偽はともかく、井川自身は通用するからメジャーに行きたい、
今のままでは通用しないから、鍛え直して評価を上げてから移籍するといった考え方は
していないんじゃないかと思う。
想像でしかないけれども、毎年自らに課題を設けて一段ずつ成長してきた井川は、
メジャーでも、日本で成功した完成形の井川慶としてデビューするのではなく、
また最初から階段を登っていくことを求めているんじゃないだろうか。
実際のところ、毎年ローテーションをきっちり守り、先発陣の一角としては十分な働きをしてはいるが、
星野SDも言うように、03年の優勝以降、その輝きは少しずつ褪せつつあるように見える。
それが力の衰えであるなら、少しでも早く挑戦したいという気持ちにもなるだろう。
そう考えるなら、井川を送り出してやりたいような心情にならなくもない。
だがそれでも、あえて井川に求める。
井川よ、君の輝いている姿を、もう一度見たい。
阪神タイガースのユニフォームで、うなるストレートを投げ込み、相手バッターをねじ伏せ、
タイガースナインの祝福の中、笑う君の姿が見たい。
井川よ、君が好きなんだ。


スポンサーサイト

テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ

これで終わるわけがない
嘘だ。
我らが下さんが負けるわけがない。
兄貴金本が何とかしてくれないわけがない。
球児のストレートが打たれるわけがない。

下柳が西岡に投じた一球目で、今日は勝てると確信した。
2戦目までとは雰囲気が違うと思った。
2回に先制点を取られても、今日は大丈夫だと思えた。
案の定、その裏に今岡のヒットから追いついた。
4回、連打と四球で一死満塁になったが、ここからが下柳の持ち味、
里崎をショートゴロゲッツーにしとめた。
それがなんでセーフなんだ、一塁塁審!
続く今江はサード前にボテボテのゴロ。それがなんで内野安打になるんだ!
6回から藤川。格の違いを見せる2三振の3者凡退。反撃の意気上がる!
6回裏、シーツヒットとワイルドピッチで2死3塁のチャンス。
さあ、金本、頼む!しかしファーストゴロ…。
7回も藤川。6回はフォークが多かったから、この回はストレートでびびらせてやってくれ!
いくら乗りまくってる今江でも球児は打てまい。2ベース!?
フランコも橋本も、なんで球児のフォークを悠々と見逃せる?
球児の速球をジャストミートするなんて信じられない。
球児が1アウトも取れずに降板なんて信じられない。
3試合連続で二桁失点だなんて。

ロッテは強いです。
厳しいプレーオフを勝ち抜いてきたのは伊達じゃないです。
でも、阪神もこんなもんじゃない。
リーグ戦から間が空いて、少し緩んでいたかもしれない。
だから私も頭を丸めました。気合い入れ直しました。
更新を怠っていた報いだったら、謝ります。
お願い、勝って下さい。


テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ

関大阪市長辞任。民意は明らかだった
公務員厚遇問題をはじめとする様々な問題が噴出していた大阪市で、
市政改革を推し進めていた関淳一大阪市長が辞任し、市長選に再出馬することになった。

関氏は選挙で民意を問いたいと言うが、問わずとも民意は明らかだった。
市政改革をしなくても良いと思っている市民などいるはずがない。
失笑してしまうほどの職員厚遇、相乗りオール与党体制でチェック機能の働かない市議会、
財政難の中、無駄が無駄を呼び続ける第3セクターへの税金投入、などなど。
改革路線は民意を得ていた。市民は関氏の改革が本物かどうか見守っていただろう。

関氏は元大阪市助役として責任を問われる立場にあった。
その責任を取り、出直すという意味が一つある。
市長の改革路線に対して、トップダウンの方法に反発する議会に対し、
市民の声を味方につけて対抗したいという考えもあるだろう。
既得権益にしがみつく勢力との決別を図ったのかも知れない。
とはいえ、いま辞めねばならない理由は市民にとって明白ではない。
関氏の改革路線を支持していた市民も、次も関氏に任せていいのかどうか
選択しなければならない。
民意はかえって混乱したともいえる。

選挙には市政改革をうたう候補者が並ぶことになるだろう。
改革の担い手として本当に相応しいのが誰なのか、大阪市民は見極めなければならない。






テーマ:選挙in大阪 - ジャンル:政治・経済

野球はおもしろい
日本シリーズの相手はもうロッテで決まりだと確信してしまってました。
ホークスの皆様、ホークスファンの皆様、失礼しました。
素晴らしい試合をありがとう。
ネバサレ魂は阪神タイガースだけのものじゃない。
最後の最後まで諦めない姿勢を称えます。

今のプレーオフ制度は問題が多く、プロ野球のあり方と一体で改革していかなければならない。
様々な考えがあり、利害関係と密接に結びつくので容易ではないだろうが、
鯛が酢・おミルクでichikenさんが提唱された「1リーグ3カンファレンス制」(名称はtoraoさん)に賛同し、
実現へ向けてキャンペーンをはりたいと思います。
これについては後日あらためて書きます。

さておき、問題のあるプレーオフだというのに(だからこそかもしれないが)、

野球はおもしろい!

誰が何をたくらんでいようが、誰が得をして誰が損をしようが、
選手たちは力の限りプレーしている。
我々はそのプレーを見て感動する。それだけだ。

金儲けよりも、ずっとおもしろいんだぞ!



テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

郵政法案成立
郵政民営化関連法が衆参両院で可決・成立した。
小泉自民党・公明党に加え、前回の通常国会でほぼ同じ内容の法案に反対・棄権した、
いわゆる造反自民党議員の大半は、今回は賛成に回った。

前回の郵政解散を経て大勝利を得た小泉与党の力を見せつけられて、
郵政法案に反対した議員たちも、なすすべなかったのかもしれない。
国民の意志に従ったのだと言う議員もいた。
しかし、衆院に関しては、反対派議員に投じられた票は、あえて単純に分別してしまえば、
郵政法案反対の票だった。
反対派議員は郵政法案反対、または小泉流政治手法反対を掲げて立候補していた。
であるならば、少なくとも彼らは自身に託された国民の声を国会でも表明せねばならなかったはずだ。

賛成に回った議員の中には、臆面もなく自民党を除名されたくなかったからだと答えている者もいた。
大きな力の前では、自分の信念を曲げてその力にしがみつくのだと言って、それを恥じないのだ。
これは郵政問題に限ったことではない。今後日本を左右するどのような問題が生じても、
彼らは自らの信念に依ることなく、大勢につく。
郵政選挙が生み出した巨大小泉与党は、そういう国会を生み出した。

テーマ:郵政民営化 - ジャンル:政治・経済

プロ野球のために
阪神電鉄社長西川氏と村上ファンド村上氏が会談した。
着々と阪神電鉄株を買い増す一方で、村上氏は「阪神ファンに謝罪した」。
村上氏が本当に阪神ファンかどうかなんてどうでもいい。阪神ファン顔じゃないと思うけど(笑)。
この時期にファンを惑わせたことについて謝罪するのは当然のこと。
でも、もっとファンに謝るべき人が球界には存在するので、特別に許す。

さて、村上氏は球団上場について、ファンの賛否を問いたいそうだ。
あちこちで噴き上がった阪神ファンの怒りや反響が予想以上だったか、
鉾先を逸らせたいのかもしれない。
ここで村上氏の手に乗って、ファンも株主となる球団上場案のメリット・デメリットを量るも良し、
株屋の提案など聞いてたまるか、胡散臭い資本主義の手先めと罵るも良しだと思うが、
ここで阪神ファンとプロ野球ファンおよび球界関係者に考えておいてもらいたいのは、
この件についての動きが、ここんとこのプロ野球視聴率低迷傾向、(数球団を除く)プロ野球人気の低迷傾向、
そして阪神ファンは当事者として、「阪神ファン」総体のイメージの悪さに影響を与える部分もあるということだ。

去年の近鉄バファローズ消滅騒動を経ても球界はほとんど変わらず、
プロ野球の抱える問題は悪化している。
コアなプロ野球ファン以外の人が野球に向ける目は冷めてしまっている。
球場に足を運ばない、野球中継も見ない人たちに、野球の面白さを伝えるチャンスを、
プロ野球ファンは逃してはならない。自分たちのために。
この件を面白さを伝えるきっかけにするのは難しいことだが、
野球ってやっぱり面白くなさそう、というイメージを与えちゃうのは簡単だ。

とりわけ阪神ファンの皆さん。
我々は「普通の」人たちには「最近強くなってきたようだけど、優勝でもしようものなら
ドブ川に飛び込んで街を汚すわ、集団でタクシーを取り囲んで暴徒化するわ、
ちょっと強引みたいだけど社会のルールは守って株を取得した、ちゃんとした人に対して
ぶち殺したろかと威してでも言うことを聞かす輩の集団」だと思われてますよ。
私は阪神の魅力を多くの人に知ってもらって、同志が増えるのは大歓迎だけど、輩は要らない。
「なんか恐い(馬鹿っぽい)からやだ」と阪神(ファン)が敬遠されるのは困る。

阪神タイガースがスポーツニュースでなく、一般のニュースで取り上げられている今は、
一般的な阪神ファンのイメージを良くも悪くもする時期ですよ。
星野SDだけに阪神タイガースのイメージ戦略を任せっきりにせずに、
一人一人自覚して行動しましょう。
本当に好きなものは、自分で守らないと。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

記録じゃないだろう
10月7日広島vsヤクルト戦で、広島の黒田が15勝目を上げ、
最多勝を争う下柳と並んだ。
広島の先発は大竹だった。
大竹は3回に1点、4回に1点を失い、2対2の同点でマウンドを降りた。
黒田は5回から登板。4回を2失点。広島は8回に3点、9回に6点を奪い、
最終回はデイビーが抑えた。
残りもう1試合登板予定で、単独最多勝を狙うらしい。
つまりは、黒田に最多勝のタイトルを獲らせるがための登板だったわけだ。

黒田が単独最多勝を獲る可能性があるのは分かっていた。
黒田が獲りたい気持ちは分かる。
チームが獲らせたいと思うのも分かる。
しかし、なんとなく、広島カープというチームはこのような類のタイトル争いを
しないだろうと思っていた。
黒田という投手はそういった獲り方を望まないだろうと思っていた。
だから下柳が15勝目を上げた時、これで確実だと思った。
追いつかれることはあっても、まさか抜かれることはあるまいと思った。

今回のように途中登板ではなく、登板間隔を詰めて2試合先発したというのなら
誰も何も言わなかっただろう。
最多勝のために、最終戦の勝利のために力投を続けた下柳の頑張りと比べて、
いささかの遜色もないものになっていただろう。
今まで最多勝のタイトルを手にしたことがないとはいえ、
黒田が日本でも有数の投手であることは誰もが認めていたはずだ。
このことで、今シーズンの黒田が積み上げてきた勝利の価値が下がりはしない。
しかし、最多勝のタイトルには傷が付いた。
結果ではなく、記憶が残る。


下柳の、チームメイトの、あの喜びの表情が、哀しく思い出される。
広島カープよ、阪神ファンに黒田の負けを願わせるような、哀しい応援をさせてくれるな。


村上ファンドに告ぐ
まだ日本シリーズが残っているけれども、シーズンが終わったので
野球に関係のないことを書きます。

阪神タイガースで金儲けするのは構わない。

実際、阪神タイガースで商売している人はたくさんいる。

株屋さんなんだから、株を売り買いするのも自由だ。

ただ一つだけ忘れるな。



野球ファンを悲しませるようなことをするなら

許さない。

野球ファンを怒らせるようなことをするなら

許さない。


すべての野球を愛する皆さんへ。
皆で声を上げましょう。


思えば強くなったもんだ
10月2日対ヤクルト最終戦。今日もラジオ観戦。映像が見たい。
今日はフルメンバーできっちり勝ちに行った。先発は杉山vs藤井。
両者とも順調な立ち上がりだったが、3回表、鳥谷の2ランで先制すると
あとは真っ直ぐ押して寄り切るだけの横綱相撲。
4回今岡が球団タイ記録となる146打点目のソロホームラン。
関本があと少しで今季第1号になりそうなフェンス直撃の当たりを飛ばすと、
休み明けの矢野が一塁から長駆ホームイン。
6回にも関本・杉山・赤星・鳥谷・藤本が連打で3点を上げ、藤井をKO。
杉山は6回を3安打1四球と上々の内容。
7回桟原が三者凡退、8、9回はJFKの顔見世興行(もちろんプチ久保田劇場付き)。

対ヤクルト戦で、藤井が先発で、これほどに盤石な試合運びができる。
優勝してるんだから当たり前だけど、本当に強いチームになった。



特派員がお伝えします
皆さん、優勝疲れは取れたでしょうか。私はまだ少々ぼうっとしてます(笑)。

10月1日ヤクルト戦。
優勝が決まったんだからもういいだろとばかりに、30日1日と関西でも地上波では中継なし。
関西の阪神ファンは今までテレビ観戦において恵まれていたんだろうが、
今後はそうもいかなくなるんだろう。
まあまだ一球団の試合を全国中継するという形が残っていた方が異常だったのかもしれない。

さて、所用などあって観戦はできなかったが、神宮球場へ特派員を派遣していたので
その報告を元にお伝えしましょう。

神宮は優勝が決まった後だというのにかなり混んでいて、敷地の外まで行列ができていたようだ。
試合前から甲子園東京出張所といった様相を呈していたらしい。
試合前スタンド


試合前グラウンド

ヤクルトの守備練習。さっぱり分からん(笑)。

先発は奥様の看病のために抹消されていた安藤vsゴンザレス。
一回表、赤星がヒットで出塁し盗塁を決めると、スタメン抜擢の林がヒット、
金本・今岡がタイムリーであっさり先制。
特派員「ああ、もうたまらん!」
安藤は初回を三者凡退。間隔が空いて心配もあったが、調整は順調のようだ。
日本シリーズでは頼みにしてるよ!

三回表、特派員「二死から金本・今岡連打で一二塁、さあ喜田!
しかしセカンドゴロでチェンジ…」
ウェスタンリーグで本塁打王の喜田。ファーストのスタメン獲りは厳しいだろうけど、
ホームランの魅力を持った打者に成長して欲しい。

三回裏、特派員「浅井がポロポロこぼしてる、それで青木にヒットを許した。
おお!喜田が横っ飛びファインプレーでチェンジや!」
浅井はキャッチング巧くないのかな。そんな印象はなかったけど。

五回表、特派員「鳥谷二塁打、林四球で、アニキ弾丸ホーマー!さすがや!!」
金本

守備につく金本。全く分かりません(笑)。

六回表、鳥谷・林のタイムリーで追加点をあげ七対0。
しかし六回裏、特派員「アンドがボコボコ打たれてる。くそっ」
登板間隔が空いて疲れが出たのかな。この回五失点。
七回からは能見。「能見もピリッとせんなあ。がんばれ」

九回は顔見世興行の大盤振る舞いだったようだ。
代打濱中ヒット、金本二塁打で今岡敬遠(代走秀太)、代打シーツはセンターフライ、
代打桧山がタイムリー二塁打(代走中村豊)、藤本タイムリー、関本ヒット。この回三点を上げた。
特派員「濱中に桧山に中村豊も見れたよ!嬉しいなあ。
ノーアウト二三塁で五十嵐に代えて、今岡をいきなり敬遠は酷いぞ」

九回裏は橋本-野口のバッテリーで抑えた。
特派員「わはははー。強いっ!
安藤・能見は打たれたけど、なんだか盛り沢山な試合でした。
まんぞくまんぞく。なんだかよくわからん」

楽しそうな雰囲気は伝わるけど、よく分からないレポートでした(笑)。
詳しい展開はこちらを是非お読み下さい。
いつもながら素晴らしい描写です。
林が良かったみたいだ。来季の外野手争いも激しいものになりそうだ。
もう今から待ち遠しい。








copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。