可不可記
大阪市改革問題強化中。阪神タイガース。社会問題など。お笑いもたまに。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月19日中日戦、杉山を絶賛する
阪神先発は杉山。中日は初先発の佐藤。
前回の完封勝利、前日の打線の勢いを考えれば、
阪神有利は間違いないと思われたが…。

もともと立ち上がりが得意でない投手。
初回に井端福留に連打を浴びるが1失点で切り抜け、
これで乗り切っていければと思ったが、立ち直る暇はなかった。
2回にまたもや連打を浴びると、後は自滅のようなもの。
6失点でKOされた。
その後の江草・橋本・桟原も変な流れに飲まれちゃったのか、
制球が悪くずるずると失点を重ね、結局2-12の大敗。
駄目な時は駄目で仕方ない。つぎ頑張ってくれ。

で、ここは新規オープン記念ということで、
こんな日に敢えて杉山を絶賛します。

前回は打線の愛情あふれる援護と矢野のリードに守られながら、
素晴らしいピッチングでプロ初完封勝利だった。
広島打線は、最下位ほぼ決定で、試合序盤から大差をつけられて、
モチベーションもなにもあったもんじゃない中で、
それでもよくやってたと思う。新井とか前田とか、偉いなあ。
そんな広島打線を相手に、ヒットは許しても失点はしない、
懸命さが心に響いてくるような投球だった。

オープン戦開幕ゲームからこの日の完封まで、本当によく成長してくれた。
良くも悪くも藪2代目って印象だったけど、
藪を越えてくれそうな潜在能力を見た気がする。
低めのストレートなんか、一番いい時の安藤にも引けを取らない
感じだったし、コントロールは完璧だし、ストレートの走りは絶品だし、
井川がエースを辞退した今、杉山は次のエース候補一番手になった。
立ち上がりの切りぬけ方と、下柳の「前後裁断」さえおぼえてくれれば、
もう何も要らない。

8月のヤクルト戦、バントの構えをしたところに死球を受けベンチに下がり、
すわ一大事かと緊張感に包まれた球場。
そこへ何事もなかったかのように、
それどころか誕生日でも祝ってもらって、照れながら登場したかのように、
笑顔で観客に応え、ついさっきぶつけられた相手投手を気遣ってみせた
瞬間から、私は杉山を愛してしまった。
きっと心の底からいい奴なんだよ!
杉山、大好きだ!
その笑顔を日本シリーズのヒーローインタビューで見せてくれ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。