可不可記
大阪市改革問題強化中。阪神タイガース。社会問題など。お笑いもたまに。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪市長選・民意を問いたいのではなかったのか
大阪市市長選で、公明党は関淳一前市長の推薦を決めた。
これで関氏は自民党・公明党の推薦を得ることになった。

関氏は大阪市政改革を推し進めるために、改革に抵抗する勢力との決別と
民意の後押しが必要だとし、労組や政党の支援を積極的に求めない姿勢を打ち出した。
しかしその後、自民・公明・民主各党の推薦を受け入れると態度を変化させ、
さらに自民党が、民主の推薦を受けるなら独自候補を擁立するという動きを見せると、
慌てて民主外しを約束し、自民の支援を得た。
肝心の改革案も、自民党からクレームの付いた地下鉄延伸計画について
「凍結」するとしていたのを「検討」すると表現を後退させ、
選挙前からその実効性に疑問を抱かざるを得ない。

公明党は当初、関氏の出直し辞職について批判的だったが、関氏が市議会との関係改善を約束し、
支援に転じた。ここでも関氏の改革路線について、市議会の抵抗に屈する構図が顕わになった。

小泉自民党は郵政法案という旗印を振りかざし、
反対するものは切り捨てるという明確な意志を以て衆院選で大勝した。
その功罪はともかく、関前市長はマニュフェスト選挙という形を捨て、政党の支援を選んだ。
民意を問い、しがらみを脱することを求めた選挙は、関氏を再選させるか否かという
市政改革とは関係のないところで進められようとしている。


共産党からは元市議の姫野浄氏の立候補が決まっており、既に公約を発表している。
民主党には、市与党としての位置に汲々とすることなく、対立軸となる候補者を擁立することを求める。

市政改革が必要だということを認識していない大阪市民はいないだろう。
改革の担い手を選ぶという選挙の原点に立った選択をするために、選択肢が必要だ。




スポンサーサイト

テーマ:選挙in大阪 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。