可不可記
大阪市改革問題強化中。阪神タイガース。社会問題など。お笑いもたまに。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
井川慶の意地
9月20日中日3連戦の2戦目。
先発は今季ここはという場面で中日を相手にして痛い敗北を喫してきた井川。
もはやファンの大半は中日戦で井川というだけで
ある程度の覚悟をもって試合に臨んでいるかも知れない。
井川はファンの期待に応えるためでなく、自分のプライドを賭けてこの試合に臨んだはずだ。
チーム最多の12勝を挙げ、最多勝を争っていたとしても、
マジックが点灯し、たとえこの試合に負けてもリーグ優勝は着実に近づいてくるとしても、
井川慶はこの試合、負けることは決して出来なかったはずだ。

1回、好調の強打者福留に右中間を抜かれ2ベースを許すが、
ウッズをショートゴロに打ち取り、0点で切りぬける。
しかし2回、立浪にレフト前に運ばれると、
続く森野に完璧に振り抜かれライトスタンドへ2ランを叩き込まれる。
阪神打線はワイルドピッチと金本のタイムリーで追いつくが、
中日で今一番手の先発である中田を攻めきれない。
6回、井川はこの回さえ乗り切れば、同点でJFKに繋ぐことができる。
勝ちがつかなくても先発として仕事をしたと言えるだろう。
しかし、先頭の井端にうまくライトへ運ばれると、
続く福留に打った瞬間のライトスタンド中段への豪弾を浴びた。

6回を2本の2ランの4失点。
ホームランを浴びても、そのままずるずると崩れることはなかった。
先発として6回を投げ終えることができた。
屈辱を晴らしたいという気概は示すことができた。
ただしそれは現状の井川なりにはという限定をつけざるを得ない。
全盛期の井川を、エースと呼ばれた井川を知る者としては、
今の井川には哀しさしか感じない。
「井川慶」はこんなもんじゃないはずだ。みんなそれを知っている。
今季、日本シリーズも含めて井川にはまだチャンスが残されているが、
井川の名誉は中日戦でしか挽回することができない。
万が一プレーオフでもない限り、今季はもうそのチャンスはない。
もし来季、井川がメジャーへ行ってしまえば、
井川慶は「中日戦で勝てなかった元エース」として記憶されてしまうだろう。
私は「井川慶の意地」を見たい。
井川よ、我々はあなたの意地を見たいのだ。


桧山がここへ来て振れてきた。活躍が勝ちに結びつかなかったから、
まだ「帳尻」と言われてしまうかも知れない。
文句のつけようのない活躍を期待している。
7回阪神の攻撃、金本が投横に転がし内野安打かと思われたが、
荒木が思い切り突っ込んで上手く捕り、距離があったが一塁へ
完璧なグラブトス。
続く今岡、桧山が一二塁間を抜くヒットを打っただけに、
あの1プレーがなければどう転んだか分からなかった大きな好守だった。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
とはいっても(今年8回目)、むしろ今日攻められるのは打撃陣の方でしょうね。 ニッカン式スコアを見ての通り、 2回裏、一死二・三塁から矢野凡退(結局、中田のワイルドピッチで1点は取った) 3回裏、アニキタイムリーで同点の後、一死一・二塁で今岡併殺打(りさふぇる
2005/09/21(水) 12:34:01 | 阪神優勝、巨人最下位
井川慶|出身地=茨城県大洗町|出身校=水戸商業高校|誕生日=1979年7月13日|身長=186|体重=93|血液型=O型|守備位置=投手(先発)|打席=左|利き腕=左|背番号=29|年俸=$4,000,000(2007年)|デビュー年=1999年5月2日|キャリア年=1998年-|所属球団名=ニューヨー
2007/02/10(土) 03:37:30 | 凪紗の部屋
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。