可不可記
大阪市改革問題強化中。阪神タイガース。社会問題など。お笑いもたまに。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪市長選で何を問うのか!?
大阪市長選直前SP第二弾。

朝日新聞世論調査によると(11月22日付)、市民がもっとも重視する課題は、
「大型開発事業などの見直し」36%
「職員の待遇の見直し」31%
「職員の削減」17%
「情報公開」12%
という結果だったらしい。(但し4択)

財政再建のために市民サービスを引き下げることについては、
賛成31%
反対58%
とのこと。

さて、市政改革の成功例と言われる横浜市・中田宏市長が、市政改革について語っている。
「これからの都市経営は『成長と拡大』を前提にしないことが必要」で、
「人口増や税収増を見込んだ事業や計画は見直さなければならない」
要するに身の丈にあった都市経営をしなければならないということ。
財政再建については、
「第3セクターなどのツケは市民の税金でまかなうべき」であり、
「大阪ドームを法的整理にした大阪市の対応は無責任だと思う」
市政の失敗の尻ぬぐいは、市民自身がしなければならないということだ。
「『市が勝手に決めた』というのは簡単だが、市長を選んだのは市民だ。
今回の大阪市長選でも、『選びようがない』『やっても意味がない』とか言わずに、
どんな問題にも市民が連帯して責任を負うという意識を持たなければいけない』
(朝日新聞)

考えない、投票に行かない有権者にも、市政失敗の責任は大いにあるということだ。
今の大阪市を作ったのは、われわれ大阪市民自身だということを自覚しなければならない。

前三重県知事の北川正恭氏もこう指摘している。
「これまで市役所と市議会のなれ合いで選んだ市長を有権者が追認した結果、
長年にわたって厚遇が放置されてきた。その責任は有権者にもある」
「今回の市長選は、有権者が真剣に悩み、自分の判断で投票するいい機会だ」
(朝日新聞11月2日付)

突然の関前市長の辞職から、政党の支援問題など、分かりにくい選挙になったが、
市民が自分で、自分の責任をどう取るのか選択できるチャンスだ。
このチャンスを逃す手はない。

さあ、投票に行こう!



スポンサーサイト

テーマ:選挙in大阪 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
突然で勝手ですがご招待です
 「大阪市」にちなんだ最新のクイズがあります。
 お近くへおいでの節は、どうぞ拙宅へもお立ち寄り下さい
http://blog.q-q.jp/200511/article_152.html
(ご迷惑でしたら、お手数ですがコメント、TBの削除をお願いします)
2005/11/28(月) 11:31:16 | URL | 素町人@思案橋  #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今日は大阪市長選挙♪大阪市の未来が天国か地獄か決まる重大な日です。私はまだ選挙権ないので・・投票デキマセン orz寝ている両親を朝もはよから「選挙イケー」と起こしました(笑)うちの近くの投票所は茨田南小学校です♪歩いていく。自分もつい...
2005/11/27(日) 12:15:42 | ¥16から億万長者への成功
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。