可不可記
大阪市改革問題強化中。阪神タイガース。社会問題など。お笑いもたまに。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪市長選「ムーブ」候補者対決?
11月8日に放送されたABCテレビ「ムーブ」に、現在大阪市長選に
立候補を表明している関淳一前市長と姫野浄前共産市議が出演した。
コメンテーターは福岡政行氏と勝谷誠彦氏。
過去大阪市の問題について鋭く批判し続けてきたこの番組に出てくることは、
候補者としてはなかなかに勇気のいることだったかもしれない。
内容は評価のしようもないようなものだったが、その点だけは認めたい。


関氏の発言を簡単にまとめる。
1.この時期の辞職・再出馬について
市政改革を進めるため、及び辞職するにあたって、特別な抵抗勢力や圧力団体はなかった。
大阪市の長年の風土を、今の時代にあった行政組織に変えなければならない。
この改革の方針を選挙で問うのが、(任期を全うした場合の)2年後では遅いから今辞職した。
この選挙が、大阪市の財政状況が破綻寸前であることを市民に知ってもらい、
市民の意見を聞く機会となる。

2.改革の方針について
改革基本方針に全面的に賛同してくれる政党に支援してもらう。
方針の中の、市民サービス(福祉)の「見直し」は、「切り捨て」ではなく、
時代に即したより効率的なあり方を構築するための見直しである。
(その見直しでいくら削減できるのかという勝谷氏の問いに対して)
それでいくら削減できるのかは計算していない。

3.職員削減問題。
数は減らさなければならない。
5年間の職員採用凍結と退職者による自然減で適正な規模に縮小する。
但しリストラはできない。
給与カットはこれから検討。人事院勧告の制度があるから…(云々)。

4.情報公開
情報公開は必要である。

5.アピール
自分は捨て石となる覚悟で改革を進める。


姫野氏の発言を簡単にまとめる。
1.改革の方針について
敬老優待パスや新婚世帯補助などの市民サービスの切り捨てはいけない。
財政再建のポイントは無駄な大型公共事業の廃止である。

2.職員削減問題
大型開発、同和行政担当者を配置転換。全体数は減らす(?)。
給与水準の見直しは明言せず。労働組合、人事院勧告があるから…。

3.アピール
関氏にはしがらみがあり、改革はできない。
しがらみのない自分こそ改革の担い手となりうる。
市民の声を集めたい。


勝谷氏の問題提示をまとめる。
1.過去の市政失敗の責任を徹底的に調査し、その責任を問うということができるのか。
2.利権圧力団体とどう戦うのか。
3.市長となった後のブレーンを示した上で、選挙で問うて欲しい。

福岡氏の問題提示をまとめる。
1.改革の意気込みを本気で示したいならば、職員給与の2割削減など明言すべきだ。
2.市会議員の削減は?
3.関氏は、捨て石の決意があるなら自公の推薦も蹴るべきではないのか。
4.言葉だけでなく、具体的な数値目標が必要だ。
5.助役から市長となった関氏にしがらみを打破することができるのか。


以上簡単にまとめてみたが、全体として感じたことは、
やはり選択肢が足りないということだ。
「覚悟」と何度も口にした関氏だが、市民運動的選挙を標榜しておきながら
結局自公にすり寄ったその姿勢に、覚悟を感じることができるだろうか。
今この時期に辞職しなければならなかった理由も納得できるものではなかった。

対する姫野氏も、対立軸は共産党お決まりの「無駄な大型公共事業の廃止」、
「福祉切り捨て反対」だけで、職員削減問題に至っては関氏より後退的な印象さえ受けた。
両氏のうちどちらかを選択することで、「民意」はどう示されるというのだろう。
関氏はこの選挙で何を知りたかったのか。
近年にない高投票率、圧倒的な差での当選によって、
改革の旗手となることができると考えているのだろうか。

さて、対立軸となるべき民主党は自主投票の方針を固めたらしい。
選挙では推薦しないが、関氏再選後の市議会では再び与党となりたいということか。

大阪市民は何を選べばよいのか。
関氏にはその答えを聞きたい。




テーマ:選挙in大阪 - ジャンル:政治・経済

大阪市長選・民意を問いたいのではなかったのか
大阪市市長選で、公明党は関淳一前市長の推薦を決めた。
これで関氏は自民党・公明党の推薦を得ることになった。

関氏は大阪市政改革を推し進めるために、改革に抵抗する勢力との決別と
民意の後押しが必要だとし、労組や政党の支援を積極的に求めない姿勢を打ち出した。
しかしその後、自民・公明・民主各党の推薦を受け入れると態度を変化させ、
さらに自民党が、民主の推薦を受けるなら独自候補を擁立するという動きを見せると、
慌てて民主外しを約束し、自民の支援を得た。
肝心の改革案も、自民党からクレームの付いた地下鉄延伸計画について
「凍結」するとしていたのを「検討」すると表現を後退させ、
選挙前からその実効性に疑問を抱かざるを得ない。

公明党は当初、関氏の出直し辞職について批判的だったが、関氏が市議会との関係改善を約束し、
支援に転じた。ここでも関氏の改革路線について、市議会の抵抗に屈する構図が顕わになった。

小泉自民党は郵政法案という旗印を振りかざし、
反対するものは切り捨てるという明確な意志を以て衆院選で大勝した。
その功罪はともかく、関前市長はマニュフェスト選挙という形を捨て、政党の支援を選んだ。
民意を問い、しがらみを脱することを求めた選挙は、関氏を再選させるか否かという
市政改革とは関係のないところで進められようとしている。


共産党からは元市議の姫野浄氏の立候補が決まっており、既に公約を発表している。
民主党には、市与党としての位置に汲々とすることなく、対立軸となる候補者を擁立することを求める。

市政改革が必要だということを認識していない大阪市民はいないだろう。
改革の担い手を選ぶという選挙の原点に立った選択をするために、選択肢が必要だ。




テーマ:選挙in大阪 - ジャンル:政治・経済

井川慶におくる言葉
情けないことに、日本シリーズの敗戦からまだ立ち直れないでいる。
阪神ファンとなってから、つらいこと哀しいことは幾度も経験してきたが、
これだけショックで、信じられない、信じたくないという思いは初めてだ。
この痛手がもう少し癒えたら、振り返ることもできるだろう。

今はただ、シーズンが終わって、次のことだけ考えていたい。
井川の去就について岡田監督が今メジャーへ移籍しても活躍できないだろうと言ったとか。
発言の真偽はともかく、井川自身は通用するからメジャーに行きたい、
今のままでは通用しないから、鍛え直して評価を上げてから移籍するといった考え方は
していないんじゃないかと思う。
想像でしかないけれども、毎年自らに課題を設けて一段ずつ成長してきた井川は、
メジャーでも、日本で成功した完成形の井川慶としてデビューするのではなく、
また最初から階段を登っていくことを求めているんじゃないだろうか。
実際のところ、毎年ローテーションをきっちり守り、先発陣の一角としては十分な働きをしてはいるが、
星野SDも言うように、03年の優勝以降、その輝きは少しずつ褪せつつあるように見える。
それが力の衰えであるなら、少しでも早く挑戦したいという気持ちにもなるだろう。
そう考えるなら、井川を送り出してやりたいような心情にならなくもない。
だがそれでも、あえて井川に求める。
井川よ、君の輝いている姿を、もう一度見たい。
阪神タイガースのユニフォームで、うなるストレートを投げ込み、相手バッターをねじ伏せ、
タイガースナインの祝福の中、笑う君の姿が見たい。
井川よ、君が好きなんだ。


テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ

これで終わるわけがない
嘘だ。
我らが下さんが負けるわけがない。
兄貴金本が何とかしてくれないわけがない。
球児のストレートが打たれるわけがない。

下柳が西岡に投じた一球目で、今日は勝てると確信した。
2戦目までとは雰囲気が違うと思った。
2回に先制点を取られても、今日は大丈夫だと思えた。
案の定、その裏に今岡のヒットから追いついた。
4回、連打と四球で一死満塁になったが、ここからが下柳の持ち味、
里崎をショートゴロゲッツーにしとめた。
それがなんでセーフなんだ、一塁塁審!
続く今江はサード前にボテボテのゴロ。それがなんで内野安打になるんだ!
6回から藤川。格の違いを見せる2三振の3者凡退。反撃の意気上がる!
6回裏、シーツヒットとワイルドピッチで2死3塁のチャンス。
さあ、金本、頼む!しかしファーストゴロ…。
7回も藤川。6回はフォークが多かったから、この回はストレートでびびらせてやってくれ!
いくら乗りまくってる今江でも球児は打てまい。2ベース!?
フランコも橋本も、なんで球児のフォークを悠々と見逃せる?
球児の速球をジャストミートするなんて信じられない。
球児が1アウトも取れずに降板なんて信じられない。
3試合連続で二桁失点だなんて。

ロッテは強いです。
厳しいプレーオフを勝ち抜いてきたのは伊達じゃないです。
でも、阪神もこんなもんじゃない。
リーグ戦から間が空いて、少し緩んでいたかもしれない。
だから私も頭を丸めました。気合い入れ直しました。
更新を怠っていた報いだったら、謝ります。
お願い、勝って下さい。


テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ

関大阪市長辞任。民意は明らかだった
公務員厚遇問題をはじめとする様々な問題が噴出していた大阪市で、
市政改革を推し進めていた関淳一大阪市長が辞任し、市長選に再出馬することになった。

関氏は選挙で民意を問いたいと言うが、問わずとも民意は明らかだった。
市政改革をしなくても良いと思っている市民などいるはずがない。
失笑してしまうほどの職員厚遇、相乗りオール与党体制でチェック機能の働かない市議会、
財政難の中、無駄が無駄を呼び続ける第3セクターへの税金投入、などなど。
改革路線は民意を得ていた。市民は関氏の改革が本物かどうか見守っていただろう。

関氏は元大阪市助役として責任を問われる立場にあった。
その責任を取り、出直すという意味が一つある。
市長の改革路線に対して、トップダウンの方法に反発する議会に対し、
市民の声を味方につけて対抗したいという考えもあるだろう。
既得権益にしがみつく勢力との決別を図ったのかも知れない。
とはいえ、いま辞めねばならない理由は市民にとって明白ではない。
関氏の改革路線を支持していた市民も、次も関氏に任せていいのかどうか
選択しなければならない。
民意はかえって混乱したともいえる。

選挙には市政改革をうたう候補者が並ぶことになるだろう。
改革の担い手として本当に相応しいのが誰なのか、大阪市民は見極めなければならない。






テーマ:選挙in大阪 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。